COMBO ENGINEERINGの公式ブログ

COMBO ENGINEERINGの公式ブログです。リリースするアプリについてアナウンスします。

WebGLゲーム defect(仮) の進捗 キャラクターの移動速度の対応

自作WebGLゲーム defect(仮) の進捗です。

ゲームのリンクは以下です。

Unity WebGL Player


今回はキャラクターの移動速度の対応です。

ローカルのGameウィンドウの場合だと満足いく移動速度なのですが、

youtu.be


サーバ上のアプリですと、どうしても遅くなっています。

youtu.be


ソースの方は

Update()にInput.GetAxis
FixedUpdate()にrigidBody

としているので、(このあたりを熟知しているわけではないものの)問題ないように思います。

ということでフレームレートの違いかなと思いました。
ブラウザでは安定して50〜60fpsでていますが、Gameウィンドウですと20fpsのときもありました。

よって、

Application.targetFrameRate = 30;

としてところ。

youtu.be
ブラウザでも早くなりました。

一旦は30fpsで固定にしようと思いますが、
おそらく、ブラウザでもともと出ていた60fpsのほうがヌルヌルだと思われますし、どうしてもプログラムのミスがあるように思えます。